塗料の種類 | 外壁塗装で心機一転、美しい住まいに大変身

外壁塗装で心機一転、美しい住まいに大変身

塗料の種類

ウレタン

外壁塗装をするといっても、施工で使用されている塗料は非常に多くの種類があります。
塗料を選ぶ場合には、予算、用途、耐久性などを把握してから選ぶようにしましょう。
ここでは、主な塗料について紹介します。

シリコン樹脂

ウレタンの塗料というのは、店舗やアパートなどに使用されることが多いです、塗料の中でも安価なのでコストを抑えるために使用されています。
最もコストを抑えることが出来ますが、耐久性はありません。ツヤが出やすいので見た目が美しく仕上がります。
とにかくコストを抑えたい、頻繁に外壁のカラーを変えたいという場合にぴったりな外壁塗装です。

フッ素

シリコン樹脂の塗料というのは、塗った部分の表面がガラス質に変化します。そのため、表面が硬く、ツヤが出ます。
塗料と外壁の密着性が高いので、剥がれにくく、建物に結露ができてしまうことを抑制します。
外壁塗装の中でも高品質で価格も抑えられているのでコストパフォーマンスは良いです。
耐久性は10~13年程度と長いので、頻繁に外壁塗装が出来ないという場合に最適です。

フッ素塗料は、近年開発された塗料の種類です。
この塗料の特徴は、なんといっても耐久性です。耐久性は約20年で、20年を経過しても80%機能が保たれています。
紫外線を防ぐ、汚れにくい、雨漏りしにくいといった塗料なので、非常に優れていますがその分価格は高価です。高価なので、まだ一般家庭ではほとんど使用されていません。ただ、今後は技術が進歩して、どんどん浸透していくことでしょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013