施工の流れ | 外壁塗装で心機一転、美しい住まいに大変身

外壁塗装で心機一転、美しい住まいに大変身

施工の流れ

外壁塗装のリフォームをする場合、どのような作業が行なわれるでしょうか?
作業の流れを知っておくことで、リフォームの計画をしやすくなります。他のリフォームも考えているということであれば、特に外壁塗装の流れを知っておくようにしましょう。
一般的な家庭の場合、施工を行なう際の職人は2~3人程度で、施工の期間は8~12日程度です。
施工を行なう面積が広くなる、使用する塗料が乾きにくいものであれば、それだけ施工期間は長くなりますので覚えておくようにしましょう。

外壁塗装を行なう前には、塗装を行う外壁の周りに足場を組みます。そして、外壁に付着している汚れを綺麗に落とします。
塗料を塗る前には下地の調整やサビ防止の塗料を全体的に塗ります。
外壁塗装は3回に分けて行なわれることが多く、1度目は下塗り、2度目は中塗り、3度目は上塗りと呼びます。
外壁塗装を行なう際には、同時に屋根の塗装を行なうことが多く、外壁の塗装が終わった後に屋根の塗装を行ないます。屋根の塗装も外壁と同じ要領で作業が行なわれます。
作業が終了すれば、作業のために組んでいた足場を解体します。そして、周辺の清掃を行ない施工が完了となります。
施工が完全に終了した場合でも、作業終了後に何かあればアフターサービスで検査をしてもらうことが出来ます。問題があった場合には無償で再び施工をしてもらえます。
定期的にスタッフがメンテナンスをしてくれるサービスを行っている業者も存在します。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013